【スポンサーリンク】



ドーピング第一号

スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手が大会前のどーぴんう検査で禁止薬物の陽性反応が出てしまったらしい。

13日に判明し、同日に暫定資格停止処分が科されました。

冬季オリンピックでは日本として初めてのことだそうです。

本人は全く身に覚えのないことと言っています。

今回見つかった成分、アセタゾールアミドは、利尿剤で、本来は、高山病の予防、そのほか緑内障てんかんメニエール病睡眠時無呼吸症候群などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠ぺいする目的、体重を落とす目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされているらしいです。

 

本人にとって何のメリットもないため、摂取する動機がないと。

 

今回の処分で斎藤選手は処分を受け入れ、いち早く選手村を離れチームを離脱しました。とても立派な判断をしたと思います。

していないと!!言い張るのはできますが、今回は受け入れる。4年に一度しかないのでそれでも出たいと思うのが当たり前だと思います。

 

潔白だと思っているのであれば、ぜひとも戦ってほしいです!

他の選手に混入させられたとかでなければいいなと思う次第です。